むち打ち後遺症と後遺障害

つらいむち打ちの後遺症

私のむち打ち体験談

2年前に追突事故に遭いむち打ちになる。

 

勤務先の社長が「むち打ちは最初の安静が必要だから、ゆっくり休めよ」と
言ってくれたので、1ヶ月間会社を休ませてもらいました。

 

その後、会社に復帰したのですが、
症状が残っていたので、通院を続けたり
具合が悪いときには、早退させてもらったりしてました。

 

優しかった同僚が・・・

はじめのうちは、「大丈夫?」などと優しかった同僚が
「気の持ちようだよ!」とか
「慰謝料目当てで、通院してんじゃねーの?」
などと言われて、ホントに辛かったです。

 

嫁さんにまで、
「仮病じゃないの?」なんて言われる始末。

 

後遺症で仕事に支障が・・・

機械メーカーのメンテナンスを担当していたのですが、
腕を上に上げて作業をすると、10分位で首が痛くなり
我慢していると、気持ち悪くなってしまう・・・

 

後遺障害認定の申請が却下

そんな状況の中、保険会社から
「症状固定ですので、保険による治療を
打ち切らせていただきたいのですが」との連絡があり、
保険会社に後遺障害認定の手続きをしてもらいました。
ところが、あえなく却下。

 

後遺障害認定を獲得するマニュアルに出会う

マニュアルを読んで、いろいろな病院で検査してもらいました。
はじめて、納得出来る説明をしてくれる先生に出会い、
所見を書いてもらい、主治医に後遺障害用の診断書を
マニュアルに沿った形で書き直してもらいました。

 

1度目の異議申し立てで、後遺障害14級9号が認定される。

このマニュアルに出会っていなかったら、
多分、最初に却下された時点であきらめていたと思います。

 

保険会社からの示談金額提示

保険会社は、ホントに最低の金額を提示してきます。
そして、多くの人が「まー、そんなもんかな?」と
示談してしまうのです。

 

保険会社が従わざるおえない交渉術

マニュアルに従って、保険会社と交渉しました。
その結果、
保険会社の提示額より、約170万円高い金額で
示談することが出来ました。

 

結論、むちうちの後遺障害の獲得には正しい知識が必要です。

追突事故でむち打ちの後遺症が残ってしまったら、
後遺障害の認定を勝ち取りましょう!

 

なぜなら、あなたが受け取る示談金が、
数百万レベルで多くなるからです。

 

むち打ちの治療にはお金がかかります。
1回整体治療院に行けば、5〜6千円かかりますよね?

 

後遺障害の認定を勝ち取れば、
お金の心配をせずに治療に専念出来ます。

 

その為には、保険会社に負けない知識を手に入れる必要があります。

 

あなたはがこのマニュアルで手にいれることが出来るもの。

  • 後遺障害認定を勝ち取る方法。
  • あなたが受け取る慰謝料を最大化する方法。
  • の保険会社が従わざるおえない示談交渉法。

などを学ぶことが出来ます。

 

>>保険会社に負けない知識の詳細はこちら