むち打ち症の逸失利益

むち打ち症の逸失利益について

むち打ち症の逸失利益とは?

逸失利益とは、後遺症が残らなかったら
「生涯得られたであろう失われた利益」です

 

後遺症が残るということは、労働能力が喪失するという事なのです

 

後遺症が残り、満足に労働出来なくなってしまった場合には逸失利益として支払われるのです。

 

14級の逸失利益

14級は労働能力の喪失率が年収の5%とされています。

 

12級の逸失利益

12級の場合は喪失率が14%とされています。

 

計算例

例えば14級で年収が700万円だとすると、5%×700万円×喪失期間(年数)となります。

 

労働能力の喪失期間が何歳まで認められるか?

むち打ちなんどの神経症は、喪失期間が短くなるのが一般的です。

 

いかにして67歳まで認めさせるか?

 

その為には正しい知識と交渉の仕方を学ぶ必要があります。

 

→正しい知識とはどんなものなのか?サイトをチェックしてみる

 

 

■関連記事

 

僕が後遺障害認定を勝ち取り、保険会社の提示額より168万円高い金額で示談した話。(体験談)