むちうち 示談交渉

慰謝料を最大化する示談方法とは?

保険会社の提示する示談金額は、妥当な金額なのか?

 

後遺障害認定を獲得すると、保険会社との示談交渉になります。

 

けれども、ここで大きな問題が発生します。

 

それは・・・保険会社は、ほぼ100%、ありえないほど低い示談金額を提示してきます。

 

ちょっと考えてみていただければ当たり前の話ですが、保険会社は営利団体です。

 

支払う保険金を安く抑えることが出来れば、その分利益になります。

 

不透明な交通事故の示談金

 

実は、示談金額に決まったルールはないのです。

 

つまり、保険会社の示談金の提示金額に正当性はないのです。

 

今までは示談金が不服であれば、バカ高い費用で弁護士に依頼して裁判を起こしたり、行政書士に依頼するしか方法はありませんでした。

 

ところが・・・

 

単純に知っているか、知らないかの違い

 

僕も今までまったく知りませんでした。ある手続きを踏んで、ある場所に相談に行くだけで裁判の判例に近い正当な慰謝料を獲得することが出来るのです。

 

果たして、どのくらいの差が出るのか?

 

ホントビックリしました。
結果は、保険会社の提示示談金額より168万円高い金額で示談することが出来ました。

 

僕は名ばかりですが会社役員ですので、逸失利益がほとんど認められませんでした。もしあなたが普通の会社員であればこの差額はもっと高額になる可能性が高いです。

 

まさに知は力なりということです。

 

→保険会社のカラクリを知って、正しい知識を手に入れる

 

 

■関連記事

 

僕が後遺障害認定を勝ち取り、保険会社の提示額より168万円高い金額で示談した話。(体験談)