むちうち 治療 打ち切り

保険会社から、治療打ち切りを打診されたら?

むち打ち症は症状があれば、最大で6ヶ月間の治療を受けることが出来ます。

 

むち打ち症の治療を開始してから1−2ヶ月くらいすると、保険会社から「お体のほうはいかがですか?」などと、様子を伺う電話がかかってきます。

 

控えめで気弱な人はまだかなり辛いのに、つい、「だいぶ良くなりました」などと言ってしまいがちです。

 

そんなこと言ったら、ダメですよ。

 

症状が残っているのに治療を途中で打ち切っちゃったら、あとで苦しむのはあなたです。

 

症状が残っている場合は、「まだ痛むので、このまま通院を続けます。」と言うだけでOKです。

 

最も大切なことは、あなたのむち打ちの症状が完全になくなるまで通院することです。

 

あなたには、事故に会う前の”健康な体を取り戻す権利”があります。

 

くれぐれも、保険会社の口車に乗らないでくださいね。

 

 

それに、示談するときに貰える慰謝料は、入院や通院日数を元に算出されます。

 

総治療日数と、実通院日数×2の少ないほうが基準になります。

 

面倒くさいからって、通院をサボるとあなたが受け取る慰謝料が減っちゃいますよ。

 

また、万が一6ヶ月経って後遺症が残ってしまった場合は、後遺障害の認定を申請するのですが、そのときに

 

通院していない=症状がない

 

と思われてしまうからです。

 

なので、完全に治るまではきちんと通院しましょう!

 

あなたのことを真剣に思ってくれる病院や医者を選ぶ

 

万が一後遺症が残って後遺障害認定の申請をするときに、主治医の診断書が必要になります。診断時に神経反応テストを行わないような適当な医者は、絶対に避けたほうがいいでしょう。

 

あなたの話をちゃんと聞いてくれて、本気であなたのむち打ち症を治そうとしてくれるお医者さんを選ぶことが重要です。

 

※自分に合わないと思ったら、病院を変えるのはあなたの自由です。

 

 

 

■関連記事

 

僕が後遺障害認定を勝ち取り、保険会社の提示額より168万円高い金額で示談した話。(体験談)